女性ホルモンとバストアップ

 バストは、90%の脂肪組織と10%の乳腺から出来ています。
 そして、バストの大きさを決めるのは、乳腺の発達の具合だと言われています。
 つまり、乳腺を発達させれば・・・バストは大きくなる。
 乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要です 。
 女性ホルモンが多く分泌されれば、身体に脂肪が付きやすくなります。
 同時にバストも大きくなっていきます。 これが、バストアップの基本原理です。

 
女性ホルモン

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つのホルモンがあります。
女性ホルモンによってバストは成長します。
女性ホルモンの分泌は、脳下垂体にある視床下部で調節されています。
そこは環境、食生活、ストレスの影響を大変受けます。
ストレスを感じると、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが多く分泌され、バランスを崩してしまいます。また、生理不順・生理痛・冷え性・貧血・ 肌荒れなどの症状をかかえている人には、バストが小さい人に多いです。
これは女性ホルモンととても関係の深い症状なので、ホルモンバランスが崩れていることが考えられます。生活習慣を見直し、ストレスを溜めないようにしましょう。



エストロゲン

月経や排卵を起こすホルモンです。
女性の身体の丸み、骨格のつくり、肌の白さきめ細かさ、バスト、くびれたウエストなどをつくります。生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まります。
逆に排卵が終わると減少します。 エストロゲンの分泌は、強いストレスや激しい運動、栄養不足や急激なダイエットなどが原因で、 充分でなくなると無月経や無排卵となります。
40代半ば頃から分泌が急激に減少し、イライラ、不眠、倦怠感などの更年期症状の原因となります。


プロゲステロン

排卵・子宮・妊娠・生理などの機能に関わるホルモンで、乳腺を発達させる作用があります。
排卵前にエストロゲンが増え、減少した後にプロゲステロンが多く分泌されます。
体に水分を溜め込む作用があるので、この時期には手や足がむくみやすくなります。
排卵日後から生理前のむくみやイライラなどは、プロゲステロンが影響しているといわれています。



成長ホルモン

成長ホルモンは脳の視床下部で作られ、脳下垂体にホルモンを放出します。
成長を促す役割の他に、骨格の形成や脂肪の代謝を良くする働きがあります。
バストの乳腺組織を作るのにも必要なもの。
成長ホルモンを多く分泌させることはバストアップの手助けになります。
成長ホルモンは運動後と睡眠中が一番多く分泌されるといわれています。
寝る前に15分程のエクササイズを行い、運動後、体を休息状態にします。
運動によって筋肉が壊れると、それを修復しようと成長ホルモンが分泌されます。
約3時間ほど分泌され、睡眠中にも修復しようと分泌されます。





40歳で体内コラーゲンは半分に!?純度100%マリンコラーゲンで手軽補給♪

バストの基礎知識

バストのしくみを知っておこう
女性が求める理想のバストライン
女性ホルモンとバストアップ

バイオブラを検証

波動エネルギーと遠赤外線の違い
バイオブラの波動値を測定
医師の研究データに基づく推薦状

スポンサー広告